言葉の回廊

足元が不安だなと思うとき、

こんな風に仁王立ちしたら

なんだか大丈夫なように思える。

ふわふわした甘いものが幸せ

そう思っていたけれど

どうやら少し ちがうみたいだ

どんなに悩んだって

どうせいつかは咲くんだから

黙って咲けばいいんです。

視界が歪むほどに緊張して

盲腸になったことがある。

〇か×か

心のモヤモヤを

たまにはあえて、

そのままにしてみる。

光を知ることができるのは

暗闇の中にいるからだと

教えてくれた人がいました。

たまには心の大掃除

これくらいの勢いで

いっそ全部、流してしまえば

春がきて嬉しい

花と

人と。

たとえわずかな灯りでも

それは間違いなく

暗闇を照らしています

目をこらしても見えないものは

レンズを変えればよく見える。

思考を変えれば、よく見える。

このヒトと、偶然道端で出会ったのは

後にも先にも

一度きり。

灯りの数だけ

その人たちの

好みがある。

たまっていく感情は

よくもわるくも

いつかは溢れる

どんな状況でも

大笑いするか しないか

選ぶのは自分。決めるのも自分。

幻想的な風景を見たあのトキは

夢か

現か

いつか見たあの夢が

いつの間にか

叶っていることもある

雪が降った朝にお香を焚くと

この静けさが

より深まっていく気がする

ダメ


ゼッタイ。