南部鉄器フェス@イオンモール盛岡

Facebookで見かけて気になっていた南部鉄器のイベントにお邪魔してきました。


南部鉄器といえば、岩手の工芸品で世界的にも有名なスゴイもの、というくらいの感覚しか持ち合わせておらず、南部鉄器の鉄瓶を使ったこともありません。

「きっと良いものなんだろうなぁ」

と思ってはいたものの、この機会にちゃんと知ろう!と思ったのです。

いやー、行けて良かった。思わず南部鉄器の鉄瓶がほしくなりました。


一番驚いたのは、体験コーナーにあった『白湯の飲み比べ』です。

鉄瓶を使って沸かした白湯と、普通のヤカンで沸かした白湯。

最初は「こっちが鉄瓶で沸かしたものです」と教えてもらえるのですが

隣のクイズコーナーでは「さぁ、どっちが鉄瓶の白湯でしょうか!?」と、正解を伏せて飲み比べをします。

「お子さんの正解率は高いんですよ」

と言われながら飲み比べをしてみて…とっかり、見事正解!

味そのものも違うのですが、鉄瓶でわかした白湯は口にふくんだ瞬間、いわゆる液体ではなくて丸っこいものが、ふわ~っと入ってくる感覚なんです。

まるで食感が違う。そんな感じです。

クイズに正解したので記念のステッカーをいただきました!

まるっとしたイラストが可愛いです。


展示してある鉄瓶の中には、桜の模様が散りばめられたものもありました。

花びらは一枚ずつ、このような道具を使って鋳型に描いていくそうです。

とっかりもちょこっと体験させてもらいました。

体験用の粘土につけてみて、とりあえず花びらっぽくできました。

そしてこれは、本物の粘土につけたもの。

…あれ?花びらどこいった…?

ちなみに、このような模様を一人前につけられるまで10年前後かかるそうです。

うーん、納得!


これから寒くなってきますし、南部鉄器で沸かしたお茶をのんびりコタツで愉しむ…なんてのもいいですね。


イベントを主催されたタヤマスタジオさんのホームページはコチラ

0コメント

  • 1000 / 1000