テープ起こしの強い味方

今日は、かれこれ半年ほど使用しているフットスイッチ君のご紹介です。(アフィリエイトではありませんが…)


ライター業をしていると取材で録音させていただくシーンが結構あります。(メモだけで対応する人も多いと思いますが)そうすると取材を終えて原稿を書く前に、「テープ起こし」という、音源を聞き取ってWordや何かに入力する作業が発生するのです。(それを基に原稿を作成するわけです)これが意外と時間のかかるものでして、30分の取材だからテープ起こしも30分で終わる…というわけではありません。聞き取って、聞き直して、入力して…となると、音源に対して倍近くの時間がかかってしまうことも珍しくありません。(基本的には音源の速度を上げて作業しますが、録音の状況によってはそれが難しいことも)


これまではそういった作業をする場合、音源の再生や一時停止、少し巻き戻して再生、といった作業を、マウスもしくはキーボードの矢印キーを使って行っていました。

ところがどっこい。

このフットスイッチを使うと、文字を入力する手を止めることなく音源の操作ができるのです!なので楽!そして思いのほか時間も短縮できます。


個人的に、できれば取材時には録音させていただきたいタイプです。なぜならその人が語る言葉に、無駄なものって一切ないと思うからです。もちろん原稿を作る上で取捨選択はしますし、語っていただいた内容を裏付けるべく資料もたくさん集めます。例えその資料の説明がメインだったとしても、「その人」だから取材させていただいているわけで、重要なポイントは何気ない「その人」の言葉に隠れていたります。

だから一言一句、記録したい。そして現場から離れて改めて音源を聞いてから原稿を書き始めたい。そう思うのです。(単なる心配性だっていうこともありますが)


そんなこんなで、テープ起こしにおススメのアイテムでございました。何かしらそれ的な作業をされる方の、参考になれば幸いです。(それ的ってなんだ!)

とっかり商店

好きなものを、 好きなだけ。

0コメント

  • 1000 / 1000